安産祈願

宗教法人 西福寺

0537-35-3923

〒439-0009 静岡県菊川市吉沢523

[参拝時間]8:00〜17:00

子宝・安産

安産祈願

安産祈願

本尊子安観世音菩薩

観音様は、三十三身に変わって衆生を済度されるという。世の中のありとあらゆるもの、私たちの一切の悩みや苦しみを見て下さり、暖かく救いの手をさしのべて下さる。

当山のご本尊『子安観音』様はいつでも優しい眼差しで数限りない慈悲の手をさしのべていて下さっています。

img_kodakara01

子安観音様の縁起

img_kodakara02

本尊子安観世音菩薩は、1685年(貞享2年)伽藍を再建した際に檀徒の中野久左ェ門が仏恩報謝のために造り奉納されたものです。
木像座体八寸五分(本体)左手で赤子を抱き右手に蓮を持っています。

ご利益は「安産・子育」
当山の子授麻羅地蔵様にお参りし子供が授かった後はこの子安観音様に安産の祈願をする慣わしになっています。

参拝の方法(安産祈願)

img_kodakara03

安産祈願には昔から犬の絵馬を奉納すると良いと言われていますが、当山の子安観音様には、底の無い布袋を奉納すると無事安産で出産できると言われています。

そのいわれは定かではありませんが、なんとなくお判りになるのでは・・・

◆ 参拝帳に記入する

本堂正面に、参拝帳があります。参拝記念にご記入ください。

記入していただいた方には、毎朝祈祷の時に住職がご祈願いたします。

◆ 底なし袋を用意する

本堂正面に、当寺手製の底無し布袋が用意されています。

参拝の前にあらかじめ自宅で底の無い布製の袋を作り、持参してもよいでしょう。

<底無し布袋の作り方>
大きさ縦10センチ、横5センチほどになるように袋を作り底は縫い合わせないようにして、袋の上の口に紐を通します。奉納場所に掛けるため、紐は10センチ程の輪を作ります。

◆ 本尊前に袋をかける

本堂内本尊前には安産祈願で底の無い袋を奉納する場所が用意されていますので、
その袋を本尊様の前に奉納し安産祈願をします。

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ

〒439-0009  静岡県菊川市吉沢523

[営業時間]8:00~17:00  [定休日]不定休

0537-35-3923

img_cb

TOP